うるち米ともち米、同じお米ですか

普段毎日食べているお米はうるち米と言いますが、おもちをつくためのお米はもち米と違って、種類が違います。その差は、でんぷんの性質の違いで、食べた時ももち米の方が粘り気を感じます。おもちとしてついた時に固まってしまうのですから、それだけでんぷんの質が多いということになります。料理で言うと、おもちの他に赤飯やおこわ、ちまきの中に入るのももち米です。粘り気というと、俗においしいと言われるお米も比較的粘りがあると言われますが、それよりも粘りが大きいのが特徴です。食べたらすぐに分かりますが、味的にはそんな違いはないといえます、しかし、中にはもち米は嫌いという方もいらっしゃって、わかる方にはわかるのでしょうね。


none